このページの先頭です

これが借金返済のコツ!債務整理で借金解決する方法と注意事項

986views

投稿日:

借金問題は債務整理で解決

返しても返しても返済が追いつかなくなってしまった借金を放置するのは大変危険です。

借金が高額になるほど利息も大きくなるため、放置しているとあっという間に借金が膨れ上がってしまいます。

自力では解決不可能になってしまった借金ですが、諦めてはいけません。

問題の解決方法として債務整理という手段が残されています。債務整理することで、借金を無理なく返済できる額にまで圧縮できます。

場合によってはすべての債務を帳消しにすることも可能です。借金におびえていては問題は解決しません。債務整理という武器を使って借金問題に立ち向かいましょう。

債務整理の4つの方法

債務整理は法律に基づいて進められる借金整理です。債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つの方法があります。

4種類のうち特定調停と個人再生は、特定の条件のもとで選ばれる方法なのであまり利用されません。債務整理を考えるなら任意整理と自己破産について知っておくといいでしょう。

債務整理の9割を占める任意整理

債務整理全体のうち9割が任意整理手続きを選んでいます。任意整理が選ばれるのは成立見込みの高さと効果の高さが大きな理由です。

任意整理はその名の通り債権者と債務者の任意の話し合いによって成立する債務整理方法で、両者の合意さえあれば特別な手続きをすることなく債務整理が成立します。

任意整理が成立すると債務は現在の収入で返済可能な金額まで減額したうえで、完済を目指して返済が続けられることになります。減額措置はあるものの返済は継続するのが任意整理の特徴です。

任意整理を成立させるコツ

任意整理では、借金は減額されるもののゼロになるわけではありません。

あくまでも返済を継続することが大前提となる債務整理なので、定期収入があり完済見込がある人のみが対象になります。

任意整理を成立させるコツは、借金が返せる金額のうちに手続きすることです。

借金が膨らみ高額になってしまってからでは、仮に減額に成功したとしても返済負担が重くなってしまい完済までに困難が伴います。

まだ借金が高額になる前に任意整理手続きを行えば返済義務が生じる残債の額も低く抑えられ、債務整理成立後の返済負担も楽になるでしょう。

借金が全額免責になる自己破産

どう頑張っても借金返済が見込めないほど借金が膨らんでしまったら、自己破産を選ぶしかありません。

自己破産は借金で苦しむ人にとって最後の手段となる債務整理手続きで、成立するとその時点でのすべての債務が免責されます。

借金がゼロになる非常に強力な手続きなので、成立には裁判所の決定を受ける必要があります。

裁判所は自己破産を申し立てた人物と面接を行い、借金内容や資産状況を調べ自己破産が適当かどうかを判断します。

成立すると生活に必要な最低限の資産を除く全ての資産を失ってしまいますが、借金がゼロになるため一から人生の再スタートを切ることができます。

自己破産が認められないケースも

非常に強力な効果を持つ自己破産ですが、必ずしも債務整理が認められるわけではありません。

最初から自己破産することを前提にした借金であったり、ギャンブルや浪費目的の借金に関しては自己破産の対象外となるため免責は受けられません。

借金が小額で自己破産しなくても解決見込があるケースも自己破産は不許可になります。

また、過去に自己破産をした経験がある場合も自己破産が認められません。ただし、前回の自己破産から7年間以上経過している場合は、通常の手続きで自己破産が審査されます。

債務整理は専門家に相談を

債務整理を成立させるコツは専門家の力を借りることです。

債務整理は制度上は個人でも手続き可能ですが、書類作成や事務手続きなど不慣れな素人には悩むことも多く、すみやかな成立は望めません。

法律で認められた代理人資格を持つ弁護士や認定司法書士に依頼すれば本人に代わって業者との交渉や申請処理など全ての手続きを代行してくれます。

依頼料はかかってしまいますが、節約できる時間と労力を考えたら専門家の力を借りたほうがメリットは大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です