このページの先頭です

借金返済のコツとポイント|支払いが困難になった時の対処法まとめ

946views

投稿日:

借金の支払いが困難になってしまったら

借りたお金は毎月決められた金額をきちんと返済するのが大原則です。

しかし、何らかの理由で支払いが困難になってしまう可能性は否定できません。もし借金の支払いが困難になってしまったとしても慌ててはいけません。

借金の返済が行き詰まったからと放置していると、事態はさらに悪化してしまいます。

まずは落ち着いて対処することを心がけましょう。

トラブルを拡大しないためにも冷静に、そして素早く対処するのが返済問題をスムーズに解決するコツです。

一時的な支払い遅れは借入先に連絡して対処

支払いが困難になった理由が口座への入金忘れや給料の未振込など、数日で支払いが可能になるような一時的なものである場合は、借入先に連絡することでトラブルを回避できる可能性があります。

借金返済は一日でも支払いが遅れると延滞扱いとなってしまいますが、債権者もむやみにトラブルを拡大したいわけではありません。

支払い遅れが一時的なものであり数日以内に確実に返済できる場合は、事前に相談することで支払日を一時的に先延ばしにしてもらえる可能性があります。

一時的とはいえ猶予措置を受けられれば延滞扱いにはならず金融事故の履歴は残らないので、後々まで支払いトラブルの影響が響く心配はありません。

コツは支払い遅れがわかったらすぐに連絡を入れることです。

どのような理由であろうと、返済日までに支払いができないのは重大なミスです。

返済猶予の可能性があるといっても確実なものではなく、返済日ぎりぎりになってから相談すると猶予措置を拒否される可能性が高く、返済日が過ぎてからの相談では無意味です。

支払いが間に合わないことがわかったらなるべく早く借入先に連絡し、今後の対応について相談してください。

借金で借金を返済する

確実に返済見込みがある場合に限って使える手段が、借金で借金を返済する方法です。借入先が返済日の先延ばしに応じてくれないときなどに使える方法です。

借金で借金を返すのは通常絶対にやってはいけないとされる手段ですが、そのときに限った借金ですぐに返済できるのであれば悪い方法ではありません。

ただし、借金で借金を返済するのが習慣化してしまうと、あっという間に借金が雪だるま式に膨らんでしまい、多重債務地獄へまっしぐらです。

借金で借金を返済するのは延滞を回避する最後の手段です。クセになってしまうと大変危険なので、その場限りの非常手段として強く戒めておくのが借金グセをつけないコツです。

債務整理で借金を整理する

どう頑張っても支払いが追いつかず、すでに何度も延滞を繰り返しているような借金は債務整理での解決をめざします。

債務整理は法律に基づいて借金の返済負担を軽減する手続きで、成功すると借金の大幅減額や全額免責など強力な措置を受けることができます。

広く用いられる任意整理では借金の大幅減額の措置を受けられます。

一定額の返済は引き続き継続する必要がありますが、膨らんだ借金を返済可能なまでに圧縮できるので支払いに行き詰まることなく計画的に返済を続けられます。

厳しい取り立てもなくなるので借金におびえる日々から開放されます。

どうやっても返済見込みがない借金でも自己破産で対処できます。自己破産手続きが成立するとすべての借金は帳消しになり、借金ゼロの状態から生活を再建できます。

債務整理は借金に苦しむ人達を救済するための制度であり、軽々しく利用するものではありませんが、支払いが困難な状況を打開できる手続きです。借金に行き詰まってしまったらためらうことなく債務整理を利用しましょう。

支払いが困難になるほど借りないことが重要

支払いが困難になった借金でも解決策は存在します。諦めることなく早めに専門家の協力を仰げば、被害を最小限におさえて借金問題を解決できるでしょう。

もっとも重要なのは、支払いが困難になるほど借金しないことです。

返済能力を考えずに借金すれば、支払いが困難になるのは火を見るより明らかです。

安易な借り入れは避け、支払い能力を考えて、無理なく返せる範囲で必要最小額だけを借り入れるよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です