このページの先頭です

返済額を減らして完済を目指す!任意整理の相談をしよう

912views

投稿日:

債務整理の中でも利用者が多い任意整理について

任意整理とはどういったものか

「借金を返済する意思はあるけれども支払額が大きくて生活が苦しい」、「もう少し月々の返済額を抑えられたらどうにか完済できそうだ」。このような人たちが利用するとメリットが多いのが任意整理です。

原則として、将来発生する利息を全額カットした上で、元本のみの支払いで借金を完済するのが目的の手続きとなります。

債務整理に関する手続きに入ることで債権者からの返済の催促をストップさせられますし、利息のカットで借金の総額が大幅に減らせますので精神的なゆとりもでき、生活可能な範囲内で計画的に借金の返済をしていくことが可能です。

また、裁判所を介さずに示談が行われますから、周囲の人に手続きが発覚する可能性はまずありません。

また、財産を没収されることもありませんから、任意整理以降も変わらない生活を送れます。

ただし、債務整理をした場合には話し合いで手続きを行える任意整理も含め、信用情報機関(ブラックリスト)に情報が登録されることになります。

5年程度はいわゆるブラックリストに載っている状態になりますので、クレジットカードを新たに作ったり、ローンを組みにくくなるなど制約を受ける点では注意が必要です。

債務整理に強い法律の専門家に相談する

任意整理は個人でも行えますが、債権者との話し合いで不利な条件を飲まされたり法的な手続きが複雑になるため、弁護士などの専門家に依頼をするのが一般的です。

弁護士に依頼をすれば債権者との交渉の間に入ってもらえますし、手間がかかる書類作成や申請等も全てお任せできます。

任意整理を決めたら、まずは専門家を探して相談をするのがおすすめです。

債務整理、任意整理の相談は基本的に無料相談が行われていますから、そこでどのくらい借金が減らせそうか、費用はどのくらいかかるのか見積もってもらいましょう。

弁護士の人となりを見て信頼できるかどうか確認しておくのもスムーズな任意整理を行うコツです。

依頼を決めたら委任契約を結ぶ

任意整理をお願いする弁護士を決めたら、委任契約を結びます。その後債権者に対して受任通知が届けられることになり、以降の債権者とのやり取りは全て弁護士を通すことになりますので、返済の催促もストップします。

万が一、債権者から直接何らかのアクションがあっても応じる必要はありません。

よりスムーズに任意整理に入れるようにするコツは、事前に必要書類を用意しておくことです。

  • 運転免許証などの身分証明書
  • 借金をしているクレジットカードや消費者金融のカード
  • 債権者をまとめた一覧表
  • 預貯金通帳
  • 収入証明書
  • 不動産の登記簿謄本
  • 保険証券など

借金や収入などに関する書類は全て手元に用意しておくと安心です。

任意整理の際の注意点と覚えておきたいこと

必ずしも有利な条件になるとは限らない

弁護士に立ててもらった返済プラン、つまり任意整理案を債権者に提示することで、和解に向けて話し合いが行われます。

ただし、必ずしも債務者にとって有利な条件で話がまとまるとは限りませんので注意が必要です。

弁護士の手腕にもかかっていますが、双方の合意が取れるように調整を行い、返済額と返済期間を決めていけるようにしてください。

支払い方法には一括弁済と分割弁済があります。もしまとまったお金を用意できる場合は一気に返済を済ませられますが、大抵の場合は分割弁済になります。月々の支払額に無理が出ないように、慎重な話し合いを行いましょう。

分割弁済は原則3年間

任意整理後に返済していく借金は、原則3年間を目安に完済を目指します。伸ばせても5年程度が限界です。

現在の収入額から返済に充てられる金額を計算し、期間内では不可能であると判断された場合には、任意整理以外の債務整理の手段をすすめられる場合も少なくありません。

その際には、弁護士とよく相談して、個人再生などに切り替えるのも手です。何よりも借金を完済することが大切ですから、柔軟な対応を心がけてください。

とにかく債務者にとっては、うれしい国の救済制度なので、借金返済に困っている方にはメリットばかりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です