このページの先頭です

借金の悩みを債務整理で解決するための基礎知識と少しのコツ

176views

投稿日:

借金返済に困った時に知っておきたい債務整理の基本

借金が返せなくなったからといって人生の終わりではない

借りていたお金がどうしても返せなくなってしまった時、あるいは借金返済に追われるばかりで心に余裕がなくなってしまった時、何もかもどうでもよくなってしまう瞬間が訪れることがあります。

しかし、借金返済が不可能になったからといって即刻人生が行き詰まってしまうわけではありません。世の中には返しきれない借金をどうにかするためのシステムがきちんと用意されています。お金を返せなくなったからといってパニックに陥ることなく、まずは今の自分にできる方法を調べることから始めてみるといいでしょう。

借金の悩みを解決するコツは債務整理にあり

債務整理とは、扱いきれなくなってしまった借金を様々な方法で整理することをいいます。借金の仕組みはとても複雑で、弁護士や司法書士といった法律のプロが介入しなければわからない問題点が沢山あります。債務整理を行うことによって、それらの問題点を洗い出し状況に応じて借金の減額や免除を引き出すのが債務整理の大きな目的であると考えていいでしょう。

債務整理の一つは過払い金の請求

債務整理の具体的な方法は四種類に分けられます。もっとも簡単なのは過払い金の調査と請求です。過払い金とは借金返済の際に規定の金額以上に払い過ぎてしまっているお金のことを意味しています。つまり、過払い金の存在がわかればそれを債権者から取り返すことができるわけです。

ただし、過払い金は必ず存在しているとは限りませんし、いくら取り戻すことができるのかも実際に調査してみなければわかりません。また、すでに支払った金額の一部が返還されるわけですから、そもそも借金返済に苦慮している場合にはあまり効果がありません。過払い金の請求は、借金完済後に余裕があれば行うのがいいかも知れません。

本格的な債務整理を行う場合はこの三種類

借金の任意整理で返済計画を立て直す

任意整理とは、債権者と話し合いをして返済不可能になっている利息などを免除してもらい、借金を少しでも返済しやすくすることです。弁護士や司法書士が間に立って、借金返済に関するルール設定をやり直してもらうこととイメージすると任意整理について理解がしやすくなるでしょうか。

任意整理は裁判所を通すことなく、あくまで債権者との話し合いで内容が決定するためにスピードが早く柔軟な対応が可能です。その反面、債権者が納得しなければまったく意味のないものになってしまいます。

個人再生で生活を再スタート

個人再生、あるいは民事再生とは裁判所に借金の減額を認めてもらうことです。個人再生は任意整理とは違い、裁判所の判断が重要になりますから収入と返済に関する計画を綿密に立てて提出する必要があります。

生活の基盤を崩すことなく借金を大幅に減額できる点で個人再生は債務整理のなかでも優れた効果を持っていますが、条件の厳しさもあって誰でも使える方法ではないことには注意が必要です。

債務整理の最終手段である自己破産

自己破産とは借金が返済不可能であると認めてもらい、財産の大半を処分したあと借金を帳消しにしてもらう方法です。借金そのものはなくなりますが、代わりに土地や自動車といった財産を残すこともできなくなります。

クレジットカードといったお金の信用情報に関わるものも新たに持つことが難しくなるため、自己破産の後の生活はある程度制限されてしまうのが問題となります。ただし、クレジットカードについてはいわゆるブラックリストに載った状態でも作ることが絶対に無理になるわけではありません。

他にもクレジットカードと同様、ブラックリストに載ったからといって全てが上手くいかなくなるわけではないので、自己破産を行う際にはその後の生活をどのように立て直すのか、先に準備をしておくとでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です