このページの先頭です

債務整理で借金を返すメリットやデメリットに関して

431views

投稿日:

債務整理を行う前に捉えておきたい注意点

借金を返済する事がどうしても厳しくなった時、負債を大幅に減らすために適した対策として債務整理が挙げられます。

債務整理の方法は1つだけではなく、借金の状況に合わせて有効な手段がいくつか用意されています。

任意整理

債務整理の中でも、申請する方が1番多いのは任意整理です。

個人再生

あまり知られていませんが、借金を一気に減額する事が出来る、個人再生という債務整理も存在します。

自己破産

返済不可能になった借金を全て取り除く事が出来るのが、自己破産と呼ばれる債務整理です。

3つの債務整理の特徴や手順について

基本的には貸し手側や借り手側との話し合いで解決できる方法を決めていきます。個人再生や自己破産を申込む場合は、行政機関などを介して手続きを進めていきます。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼するのがお勧め

どの債務整理を選んだとしても、一般人が手続きをスムーズに終わらせるのは困難です。

借金返済の知識に長けている人なら問題ありませんが、世のほとんどの人は借金を完済するためのノウハウを持っていないと思います。

そのため、法律のスペシャリストである、弁護士か司法書士にお願いするのが安心です。

債務整理のメリット

「債務整理を弁護士事務所に依頼すると、莫大な料金が発生するのでは?」という印象を持っている方が多いのではないでしょうか。

必ずしも高額報酬を請求されるわけではないので、ご安心ください。

依頼する時は、借金を何とかカット出来るように真剣な姿勢で、弁護士や司法書士に相談するのが賢い方法です。

依頼が完了した後は、お金を貸している当人に受任のお知らせが届くため、取り立てがなくなります。取り立てがなくなるだけでも、債務者にとっては精神的・身体的な負担が軽くなることでしょう。

仕事にも集中できるようになりますから、債務整理後に早く生活を立て直せるよう、仕事に集中するようにしてください。

  • 負債の支払いが滞り、返済が難しいのであれば、弁護士や司法書士に迷わず相談した方が無難です。
  • 借金額が大きい場合、弁護士や司法書士は、債務者が有利になるよう機転をきかせてくれます。

債務整理を行うと得られる、良い点・悪い点とは?

債務整理を行うと、返済すべき借金を減額してもらうことが出来たり、状況によっては支払い義務が全て免除されたりします。

また、債務整理の手続きを専門家に依頼することで、次の2点のメリットを得られます。

身内に気付かれないように、手続きを問題なくスムーズに進める事が出来ます。
未納に対する執拗な取り立てを、一早く完全に止める事が出来ます。

ただし、債務整理を行うと信用情報に傷がついてしまいます。いわゆるブラックリストへと登録されてしまうため、その事を充分理解した上で、申請するようにしてください。

債務整理で利用者が特に多い任意整理の特徴

任意整理は裁判所に申請する事なく、負債を減額出来る方法です。債権者と債務者(代理人として弁護士、司法書士が入る場合も)間だけで行うことが出来ます。

もし、相場よりも高い利息で貸し付けている場合は、払い過ぎと見なされ、過払い請求をする事も可能です。

また、債権者に任意整理を認めてもらうことで、執拗な取り立て・督促を止めさせることもできます。

さらに、任意整理が認められれば、過剰に返済してしまった借金を返してもらうことも可能となるのです。

返してもらったお金を負債の返済にまわすことも出来ます。このように、デメリットよりも利点の方が明らかに多いのが、任意整理の特徴です。

貸し付け金を1日でも早く完済するために、ぜひ覚えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です