このページの先頭です

任意整理中にクレジットカードは作れる?経験談と対処法まとめ

128views

投稿日:

任意整理中でもクレジットカードが使いたい!

「借金トラブルに悩み任意整理という解決法を選んだけれど、クレジットカードが使いたい」

ネットやサイトに寄せられるメールを見ていると、そんな悩みを持つ方が多くいらっしゃるようです。

結論から言うと、任意整理中または任意整理後はしばらく発行審査が通らなくなるので、自分名義のクレジットカードを新規で作ることができません。

しかし、任意整理をしてから一定期間が経過すれば、発行審査が通りやすくなってクレジットカードを新規で作れる可能性が高いほか、場合によっては任意整理後でもクレジットカードが使える方法もあります。

任意整理中はクレジットカードが使えない

任意整理をすると、クレジットカードは基本的に使えなくなります。

手続きの対象にしたカードは強制解約されてしまうほか、任意整理の対象としていないカードはしばらく使えるかもしれませんが、途上与信※の段階で利用できなくなる可能性が高いです。

また、クレジットカードがしばらく使える状態であったとしても、状況に応じて弁護士・司法書士から使用を控えるように指示されることもあります。

※途上与信とは、クレジットカード会社がカード発行後に個人の信用情報を確認すること。信用情報機関に問い合わせて、利用者に問題がないか(滞納などしていないか)を定期的に確認し、問題があった場合は強制解約となる可能性が高い。

さらに、任意整理を行うと個人信用情報機関に事故情報が記録されるため、俗にいう“ブラックリスト”に入ってしまいます。

ブラックリストに名前がある期間は、新しくクレジットカードを発行することができません。

任意整理後5年は自分名義のクレジットカードを新しく作れない

一般的には、任意整理をした金融機関の負債を完済してから5年ほど経過すれば新しくクレジットカードを利用できる可能性があると言われていますが、この期間はあくまで目安です。

状況によって信用情報の回復にかかる期間は異なるため、任意整理後の借金完済から5年が経過し、クレジットカードを作りたいと思っている方は信用情報を取り寄せて確認してみましょう。

信用情報は、各信用情報機関から書面で簡単に取り寄せることができます。

信用情報機関には以下の3つがあり、すべての機関から取り寄せることも調査したい機関だけから取り寄せることも可能ですが、情報の取得には1機関あたり500〜1000円程度の手数料がかかります。

信用情報の取り寄せ方法などは、各信用情報機関のホームページに詳しい説明が掲載されているため、以下を参考にしてください。

<信用情報機関>

借金を返済して5年が経過し情報が抹消された後は、記録が一旦リセットされた状態になります。

こうなるとクレジットカード会社側では「任意整理・自己破産・個人再生をした人」か「一度もカードやローンの利用をしたことがない人」のどちらかと考えるしかなくなるので、記録が残っているときに比べてフラットな状態になるのです。

どうしても自分名義のクレジットカードを作りたい場合は、任意整理をして借金を完済してから5年が経ったタイミングで申し込むことをおすすめします。

任意整理後にクレジットカードを使う方法はある?

先ほどお話ししたように、任意整理後に自分名義のクレジットカードを使うのはほぼ不可能ですが、クレジットカードを使う方法やクレジットカード感覚で使えるカードも存在します。

ここからは、クレジットカードの代用カードとして役立つものをご紹介していきます。

1.デビットカード

カードでの支払いと同時に、指定の銀行口座から引き落としがされるデビットカード。

店舗はもちろん、ネットショッピングでも利用できるデビットカードは、審査不要で発行できるため、任意整理後でもご自身の名義で申し込みが可能です。

クレジットカードに比べて対応している店舗がやや少ない、分割払いができないなど、クレジットカードに比べるとやや利便性に欠けますが、銀行口座から現金を引き出さずに支払いができる、銀行口座の残高以上にお金を使いすぎる心配がないというメリットもがあります。

2.家族カード

家族カードとは、クレジットカード契約者である本会員の家族に対して発行できる付帯カードのこと。利用金額は本会員の指定銀行口座からまとめて引き落としされます。

家族カードは、本会員以外の契約者であれば任意整理をしていても利用が制限されることはありません。

また、自分が任意整理をしたことで親族の信用情報を損ねることはないため、安心して使用できます。

家族名義のクレジットカードなので、分割払いやリボ払いも可能ですが、くれぐれも使い過ぎには注意しましょう。

家族カードは本会員の信用情報にもとづいて発行されるものなので、使いすぎてしまえば家族に迷惑がかかります。そのことを十分に理解したうえで、適切なカードを選ぶとよいでしょう。

3.プリペイドカード

現金を持たずに買い物できるプリペイドカードも、クレジットカードの代用カードだと言えるでしょう。

あらかじめチャージした金額の範囲内でのみ利用できるため、使いすぎも防止できます。

任意再生とクレジットカードの情報まとめ

任意整理によるクレジットカードへの影響をまとめると、以下の通りです。

  • 任意整理をすると原則契約中のクレジットカードは使えなくなる
  • 任意整理をして借金を完済してから5年はクレジットカードが作れない
  • 任意整理中・任意整理後にクレジットカードが欲しいなら「デビットカード」「家族カード」「プリペイドカード」

任意整理をしたあとすぐにはクレジットカードを作れませんが、クレジットカード感覚で使えるカードを持つことはできます。

どうしても自分名義のクレジットカードが欲しいのであれば、信用情報が回復するまで新たに借金をせず生きていくことが何よりも大切です。

任意整理中のクレジットカード作成についてもっと詳しく知りたい方は、弁護士・司法書士の無料相談を利用するのもおすすめです。

ネットには書けないクレジットカードの情報や、任意整理に関する疑問なども質問可能なので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

司法書士法人穂(ほのか)

ウイズユー司法書士事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です