このページの先頭です

自己破産で借金が帳消しになる?デメリットと破産後の生活への影響

772views

投稿日:

借金返済の義務が免除される自己破産と注意点

借金問題を解決する最終手段

自己破産というのは裁判所を通して手続きを行い、返済が困難になってしまった借金を0にして返済を免除してもらう手段です。

破産の申立てをして免責の許可を受けることで、借金返済の義務から解放されることになります。借金によって生活がままならなくなってしまった人の暮らしを立て直していくための国の制度です。

ただ、申立てを行えば誰でも自己破産できるわけではありません。私的な散財で作った借金やクレジットカードの現金化利用などで返済できなくなったものは、免責が許可されない可能性も考慮する必要があります。

借金をなくしたい場合には、まずは法の専門家である弁護士に相談をして自己破産が可能かどうか判断してもらい、債務整理の方法に関して適切なアドバイスを受けてください。

ブラックリストに個人情報が載る

自己破産だけに限りませんが、債務整理を行うことで信用情報機関に登録されることになります。

これによって新たにクレジットカードを作ったりローンを組んだりする際の審査が通りにくくなるため、自己破産後は5年から10年程度、利用を諦めなければなりません。

不便だからといって、家族名義のクレジットカードを利用することも禁止されています。不便になるでしょうが、クレジットカードの代わりに審査の必要がないデビットカードを利用するなど工夫をして、生活の中で活用していくのがコツです。

財産が没収されてしまう

自己破産をした場合、借金が0になる代わりに所有している一定以上の財産が没収されてしまうというのが大きなデメリットです。

今後の生活にも影響が出てくる変化ですから、手続きの前にはどういったものを手放さなければならないのか、きちんと把握しておくことが必要になります。

  • 99万円を超える現金
  • 20万円を超える残高がある預貯金
  • 不動産
  • 車やバイク
  • 貴金属

など、資産として判断されるものは多岐に渡っていて、その基準は裁判所によっても異なってきます。没収しても生活に支障がないと考えられるものは、まず手元に残せないと考えておきましょう。

自己破産をした後はどんな生活になるのか

さまざまな誤解も生じている自己破産後の暮らし

自己破産に関しては世間的な誤解も多く、選挙権がなくなってしまう、戸籍に自己破産したことが書かれる、年金がもらえなくなってしまうなどいわれていますが、こういったことは一切ありません。

まず手続きを行っても周囲の人に知られてしまうリスクはほぼありません。資産を没収されて新たに借金ができなくなる程度で、自己破産をしたからといって受ける制約は日常生活を害するものではないので安心できます。

保証人になっていない限り家族に迷惑がかからない

自己破産による影響があるのは破産手続きを行った本人のみですので、保証人になっていない限りは家族に迷惑をかけることはありません。

ただ、自己破産をした人の名義になっている資産が没収されれば、家族で利用している持ち家や車などを処分することにもなります。それによって引越しなどを余儀なくされることも十分に考えられますから、前もって相談の上に慎重に検討する必要が出てくるでしょう。

生活必需品とある程度の財産は残せる

生活再建のための自己破産ですから、手元には生活必需品や生活のために必要となる財産を残しておくことが可能です。

何もかもを没収されてしまい、一文無しになってしまうということはありません。少々の不自由は余儀なくされてしまいますが、最低限の衣食住の保証はされています。

その中で生活を立て直していくためのコツは、残された財産を大切にし、無駄遣いをしないように収入と支出をしっかりと管理していくことです。

家計簿を作成し、ある程度制限される生活の中で、同じ過ちを繰り返さないように正しい金銭感覚を身につけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です